ありもの気まぐれブログ

更新も、内容も、とくに決めず。気の向くままに書いていこうと作りました。ありもの気まぐれなブログです( *´艸`)

Disneyが大好きな大家族(子供5人)母です!!
一年中Disneyの事を想い
年に1~2回のDisney旅行に全てをかけています!!
メーンブログでは、想いのつまったDisney旅行の思い出を
の~んびり書ています。(時季外れになります)

こちらのブログは、更新も内容も決めていない
ありもままの、のんびり・気まぐれ・気ままなブログです!

『あたしおかあさんだから』論争!!この歌は、子供に聞かせたくない!? 守られ過ぎる子供たち

 

Sponsored Link
 
 
  

『あたしおかあさんだから』論争

 

『あたしおかあさんだから』論争とは?
絵本作家の のぶみさんが  作詞。
歌は、 横山だいすけお兄さん。

 

Huluの「だい!だい!だいすけお兄さん」で歌われ

その後、SNS上で論争になってリリースが未定になってしまった幻の楽曲。
(プロモーションには、のぶみさんの絵が添えられる予定だったそうですが、これもお蔵入りに)

 

一回目は、フジテレビ『ノンストップ』金曜サミット~2月16日放送での内容を引用して、客観的な世間の方の意見を載せ

www.arimonokimagureblog.com

 

前回は、『ノンストップ』での 若いパパ代表のユージさんの言葉から「パパの存在」 を考えるにあたり、私の昔話を書きました。

www.arimonokimagureblog.com

 

今回は、残り話し合われた内容の中から「子供に聞かせる」を考えてみようと思います。 

 

 

スポンサードリンク
 

  

 

『あたしおかあさんだから』歌

 

再び登場の「ボカあさんといっしょ」さんの歌。

 

今回は「子どもに聞かせていいものか?」を念頭に聞いてみてください。

 

www.youtube.com

この「ボカあさんといっしょ」さんの「あたしおかあさんだから実写フルVr」では、家族の歌に感じるんですよね。

お母さんだけじゃない、お父さんがいて、その間に大事に育てられた子供さん。

歌の内容も 極々自然に聞けると思うのですが、いかがでしょうか。

 

スポンサーサイト  

 

 

子供に聞かせれるか?

 

歌に批判的な人の中には「共感はできるけれども、子供には聞かせたくない・・・」の意見もあるそうです。

 

インタビューの方

  • 子供にあんたのせいで我慢しているのよっていう風には思わせたくない。恩着せがましいと思って。「お母さん僕のために我慢しているんだ」と思わせちゃうと可哀想(30代母親)
  • 子供からしたらちょっと悲しいかもしれない。お母さん我慢して頑張っているんだ~みたいなのは嫌かも。子供が見たら「自分のためにごめん」っていうかも(20代女性ふたり)

 

竹山さんが、三倉さんに「自分が母親だったらどうおもいますか?」と問うと。

三倉茉奈さん は、悩みながらも

「子供には、聞かせたくない。姪っ子甥っ子にも聞かせたくない 。」

 

「ただ、イラストが付いた時で随分印象が変わったから、イラストありだったら世の中の印象は違ったのかな。」

 

千里子さんも、絵がついているのと付いていないのではエライ(感じ方が)違うと言っていました。

 

千秋さんは、

「子供に聞かせたくない歌って世の中に他にもいっぱいあったりして、それを目にして子供も大人になるから、選べるんだったら・・・(悩んで言葉を選んでいる様子)あんまりって思うかもしれないけど

流れで聞いちゃったらそれは、それでしょうがないって(・・・)そのタイミングで見たんだし・・・。」

 

ここで、ユージさんの意見が、 面白いと思いました。

若いユージさんは、「R指定だと思う。」と。

「子供が知らなくていいお母さんの裏の努力を発表しちゃっているので子供には、聞かせないほうが・・・。」と。

 

また、 自身の経験から聞かせていい年齢を「[R16]かな~」と言ってました。

 

何故かと言うと、自身の少年時代、シングルマザーで苦労されていたお母さんを見ていたから、その時に聞いたら、きっと号泣していただろうと、想像しての[R指定][R16]提案でした。

 

確かに・・・

おかあさん思いの子なら悲しくなるかも。

 

また、私の見たTwitterには、「フォローのない子供たちもいるんだから」と書かれていました。

何らかの事情で親と暮らせていない、もしくは、親を知らない子供たちも、この歌を聞くことがある・・・。

その子たちは、どう感じるのだろうかと。

 

井戸田さんも「大人になってからの方がいいかも?」と。

  

スポンサーサイト  

 

 

ありもママの勝手な考え

 

我が家は、年齢様々・・・でも聞かせてもいいと思うんだけど、一般的には どうだろうか。

  • お母さんに申し訳ないと考える?
  • なんだよ、そんなにしてまで産むなよ!って思う子もいる?
  • ありがとうって思える子もいると思うけど。

 

私は、立ち止まって聞き入って、感じて 考える事は 大切と思うけどな。

 

常々思うのですが、子供って馬鹿じゃない。

親が(大人たちが)、いろいろ考えて先回りしていろいろなモノや、いろいろなコトを排除して綺麗な道を歩かせるのも、考えものだと思うんです。

 

曲に耳をかたむけ、聞き入って考える。

自分のお母さんの姿を重ね合わせて考えたとして、それが何か悪影響を与えるとは、私は考えにくいのです。

 

もし、千里子さんのお子さんの様に「この部分が嫌」と 感じるなら、話し合ってもいいだろうし。

そのまま、受け止めさせてもいいかとも思うのです。

その子が、答えを出すことがいいと思うのです。

 

例え、躓いて傷ついても、子供には 立ち直れる力が備わっているはず。

ユージさんの様にお母さんの苦労を見ている子供が、この曲を聞いて、わんわん泣いたとしたら。

私は、「なんていい子に育ったんだろう」って感動します。

 

人のことを感じ取れる子供に育っているなんて、子育て成功じゃないでしょうか。

ユージさんのお母さんは お幸せ~と思いました。

 

もし、お母さんを知らない子が見たら、辛いかも?

他のお友達は、お母さんにこんな風に育ててもらっているんだと・・・羨ましく思うかもしれない。

でも、どうか、自分自身がそんな親になろうと希望を持ってくれたら・・・と願うのです。

 

Sponsored Link
 
 
  

#あたしおかあさんだけど

この論争後、「#あたしおかあさんだけど」での投稿が流行っているらしいのです。

ノンストップ内で紹介されたもの

 

「#あたしおかあさんだけど」

あたしおかあさんだけど

子供と一緒にギリギリまで寝るの

あたしおかあさんだけど

自分のアイスは死守するの

あたしおかあさんだけど

イケメンのために仮面ライダー見るの

f:id:arimomamalovedisney:20171001192112g:plainうんうん、そうそう、頷く母も多しなのでは?

そう、みんな、こんなもん。 

 

千秋さんも千里子さんも頷いて「f:id:arimomamalovedisney:20171001192112g:plainこれあたし」って。

 

スポンサーサイト  

 

 

ありもママ~私も おかあさん

私は、5人の子供を産んだ 母です。

上は、大学生、下は保育園。

いつも正直に書いております通り、私は、とても不出来な母です。

人数 産んでいるからって立派なお母さんには、なれないものです。

 

子供たちは、[お母さん]を見ています。

だから、この歌のお母さんをそのまま受け入れるとは思いません。

  • 「え~このお母さんウチと違う~」
  • 「この[#あたしおかあさんだけど]の方がウチのお母さんだよ~」

言葉を理解できる年齢の子供を考えるに、受け止め方はいろいろでしょうけど、やはり心配し過ぎなくても大丈夫なのでは?って思うのです。

 

 

今回論争になって、

改めて「おかあさん」の存在を考えたことは、良かったのでは?と思います。

f:id:arimomamalovedisney:20180318135037p:plain

 

むしろ、若い子等(思春期真っ盛り)が聞いて、ちょっとくらい母の存在を思い出し、考えてほしいくらい。

 

スポンサードリンク
 

  

 

「おかあさんだから」VS「#おかあさんだけど」

 

「#おかあさんだけど」は、なんだか、対抗して書いているように感じるのですけど。

のぶみさんが書いてくれた『あたしおかあさんだから』も 、世の中の人が書いた「#おかあさんだけど」も どれも本当のお母さん。

 

だから「どっちが正解?」ではなく

「どっちも正解」

「どっちも偽りのないお母さん」

 

番組中でも

三木さんがおっしゃっていました。

「十人十色のお母さん」と。

 

「十人十色、その時々のお母さん」 それが私なので、気にならない。

 お母さんは、ころころ変わる~。

f:id:arimomamalovedisney:20171001192112g:plainだって にんげんだもの

©相田みつを

 

 

私この記事、一回分のつもりで書き始めました。

でも、テレビの内容をある程度 忠実に伝えなきゃ~で一話。

自分の恥をかいたうえで~で二話。

今回も長くなり・・・三話目。

 

もう少し書かねばならないことがあるので・・・次回も続きますm(__)m

 

 

今回はここまでm(__)m